日焼け止めクリームの仕組みとは?

日焼け止めの仕組み

日焼け止めは、日焼けを防ぐための成分は入っていますが、一般的に日焼け止めが日焼けを防ぐための仕組みとしてあげられるものが2つあります。日焼け止めを使う上で、どのように日焼けを防いでいるのか意識することはないかもしれませんが頭に入れておくと良いでしょう。

まず、紫外線散乱剤を使用しているものの場合は肌に日焼け止めを塗ることによって、肌に注ぐ紫外線を反射させます。紫外線が反射することによって、肌の奥深くに届かせないという仕組みになっています。このタイプの日焼け止めは比較的肌に優しいものだと言われており、肌の弱い人向けには紫外線散乱剤のみを使用して作られている日焼け止めなども販売されています。

そしてもう1つが紫外線吸収剤を使用した日焼け止めです。紫外線に物質が当たることで変性し、熱を発生させます。そうすることで肌に紫外線が届かないようにするという仕組みですが、紫外線散乱剤などと比較すると肌への負担は少し大きなものになっています。場合によっては、紫外線に当たり物質が変性することによって肌に炎症が起きたりアレルギー反応を起こしてしまうこともあるので、肌の弱い人がこのタイプの日焼け止めを使用する時には注意が必要です。