日焼け止めクリームの仕組みとは?

効果的な使用方法

日焼け止めには、SPF値と呼ばれるものやPA値と呼ばれる数値があります。これらの数値は高い方が日焼けを防ぐ力は強いです。しかし、肌への負担が大きくなるというのも事実ですから、肌の弱い人の場合は肌への負担なども考えながら使用していかなければなりません。日焼け止めのみで日焼けを防ごうとするのではなく、帽子や日傘など日焼け止めに効果的なアイテムを取り入れながら日焼けを防いでいきましょう。

日焼け止め以外のアイテムも一緒に使用することで、身体に浴びる紫外線の量を減らすことも可能です。そうすれば、日焼け止めのSPF値やPA値の少し低めのものを使用しても効果的に日焼けを防ぐこともできるでしょう。どうしても日焼け止めのみで日焼けを防がなければいけない時には効果の強い日焼け止めを使用することも必要ですが、日常生活の中で使用するものとは使い分けましょう。

また、日焼け止めは汗などをかいてしまうと一度塗っても落ちてしまいます。なので特に汗などをかきやすい夏場などは2時間に1回程度は日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。中には塗り直しがいらないとアピールしている製品もありますが、しっかり日焼けを防ぐためにも定期的に塗り直しをしましょう。